効果効能解説

【サプリ】アシュワガンダと筋トレで筋肉量と筋力が両方アップした研究結果の話【テストステロン】

【サプリ】アシュワガンダと筋トレで筋肉量と筋力が両方アップした研究結果の話【テストステロン】

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

ネタバレ:アシュワガンダ×筋トレの研究結果

筋肉をつけたい!」

テストステロンを爆上げしたい!」

「アナボリックステロイドとかには頼りたくない!ナチュラルのままでオスパワーを上げたい!」

筋トレをしている方の大多数はこう思っているのではないでしょうか。

ヤマザキ

もちろんわたしもです!

この記事を読めば、アシュワガンダを8週間摂取した結果、筋力の向上や筋肥大の効果が得られた研究のことがわかります。

ヤマザキ

ちなみに体脂肪率は減少。

普通の人よりも効率的に結果を出したい、より高みに昇りたい方にはおすすめの記事です。

ぜひ最後まで読んでみてください。

アシュワガンダラボ管理人

この記事を書いている人
名前:ヤマザキ:元デブ
アシュワガンダ歴:約2年

▼運営者プロフィール▼
>>当メディアについて
▼Twitterアカウント▼
>>@ashwagandha_lab
▼アシュワガンダまとめシリーズ▼
研究結果:
研究結果のまとめ
効果効能:効果効能のまとめ
主な成分:主な成分のまとめ

研究の内容:筋力と筋肉量に与える効果を測定

今回ご紹介するのは2015年に発表された「筋力と回復に対するアシュワガンダサプリメントの効果の調査:ランダム化比較試験」という研究です。

研究の概要

  • 筋力トレーニングがほとんどない57人の男性被験者(18〜50歳)
  • アシュワガンダグループとプラセボグループに分ける
  • 筋肉力と筋力に与える影響を調べる


それぞれ8週間、筋トレ経験のない人たちに筋トレをしてもらって影響の違いを観察。

被験者たちは、研究中にアシュワガンダとプラセボの摂取による悪影響があれば報告するよう指示されました。

測定の対象は下記の通り。

測定対象

ヤマザキ

筋トレ趣味としては「そこが知りたかった」感ある項目でわくわくします。

数値は以下の方法で測定します。

測定方法

  • 筋力ベンチプレスとレッグエクステンションのMAX重量
  • 筋肥大効果:腕・胸・大腿上部の3つの部位
  • 筋肉の回復力:血清クレアチンキナーゼレベル
  • テストステロン値:1日二回の採血
  • 体脂肪率手、手首、足、足首に配置された電極を備えた機械を用いて計算

「血清クレアチンキナーゼレベル」というのがおそらく聞き慣れない言葉だと思います。

ここでは「この数値が高いと筋肉が疲れてる・回復しきっていない」という理解でOK。

研究の結果:プラセボと比較し大幅に数値アップ

研究の結果、冒頭でお話したとおり、アシュワガンダは下記の効果があることが証明されました。

筋トレ×アシュワガンダの効果

ヤマザキ

体脂肪率だけは減ってます。

アシュワガンダを摂取したグループは、プラセボと比べて筋トレによる成長速度が大幅に向上しているようです。

テストステロンの向上もみられており、テストステロンブースター成分としても優秀。

「いや大幅に向上ってどれくらいよ?」という方のために、数値比較を表にしました。

筋力の向上

測定対象アシュワガンダ群プラセボ群
ベンチプレス1RM(Kg)平均値:33.21→79.26
変化値:46.05
平均値:31.35→57.77
変化値:26.42
レッグエクステンション1RM(Kg)平均値:27.89→42.38
変化値:14.50
平均値:25.22→34.98
変化値:9.77
参考

筋肥大

測定対象アシュワガンダ群プラセボ群
太もも(cm 2平均値:107.84→116.56
変化値:8.71
平均値:111.18→117.40
変化値:6.22
腕(cm 2平均値:51.96→60.85
変化値:8.89
平均値:53.13→58.43
変化値:5.30
胸囲(cm 2平均値:101.40→104.77
変化値:3.37
平均値:101.16→102.58
変化値:1.43
参考

筋肉の回復力

測定対象アシュワガンダ群プラセボ群
運動終了後24時間から48時間までの血清クレアチンキナーゼの増加平均値:1478.88→16.20
変化値:-1462.68
平均値:1406.52→99.04
変化値:-1307.48
参考
ヤマザキ

クレアチンキナーゼ数値が高い=筋肉にダメージが残っているということです。

テストステロン値

測定対象アシュワガンダ群プラセボ群
血清テストステロンレベル(ng / dL)平均値:630.45→726.64
変化値:96.19
平均値:675.12→693.12
変化値:18.00
参考

体脂肪率

測定対象アシュワガンダ群プラセボ群
体脂肪率平均値:21.60→18.13
変化値:-3.47
平均値:22.01→20.48
変化値:-1.52
参考
ヤマザキ

アシュワガンダを摂取したグループの向上・改善率がすべての項目で圧勝してますね。

体脂肪率の減少に関しては、管理人も実体験から納得がいきます。

研究者たちは、この結果を受けて下記のように結論しました。

研究の結果

  • 筋肉量と筋力の有意な増加に関連している
  • 筋肉の損傷からの回復力も向上している
  • アシュワガンダはテストステロン値の向上に関与する
  • アシュワガンダは筋トレと組み合わせて役立つ可能性がある

レジスタンストレーニング=筋トレのこと。

副作用

副作用については、「どちらのグループの被験者からも重篤な副作用は報告されていません。」とのこと。

同じ結果が出ている他の研究

「アシュワガンダと筋肉・身体能力・テストステロン」をテーマにした研究論文は他にもあります。

別の研究でもアシュワガンダは筋トレと相性がいいことが報告されています。

■アシュワガンダとアルジュナが健康な若年成人の身体能力と心肺持久力に及ぼす影響

■インドのエリートサイクリストの心肺持久力に対するアシュワガンダの8週間の補給の効果

ヤマザキ

英語の記事です。ブラウザの翻訳機能をご利用ください。

管理人の感想

個人的に一番「なるほど」と思ったのは、今回の研究についての研究者さんたちの所見。

研究者たちの見解

筋肉の損傷からの回復力があがる
筋力トレーニングをより迅速に再開できるようになる
単位時間あたりのトレーニング量と成長が大きくなる
ヤマザキ

回復力の向上により、筋トレによる筋肉の再生と破壊をふつうより高速で行えるということですね(多分)。

「回復力」が高まるということは「筋トレをこなせる回数・頻度」それ自体も上がっていくということです。

この点で見てもアシュワガンダと筋トレの相性はいいなと感じました。

まとめ:アシュワガンダと筋トレは相性がいい

今回は「筋トレにアシュワガンダが与える相乗効果」についての研究を紹介しました。

アシュワガンダと筋トレを掛け合わせることにより、筋トレ単体よりも早く結果につながるとおもいます。

トレーニーの方はぜひ試してみてはいかがでしょう。

それではまとめをして締めたいと思います。

まとめ:アシュワガンダ×筋トレの研究結果

以上です。最後まで読んでくれてありがとうございました!

▼追伸▼
よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

以上、管理人ヤマザキ(Twitter:@ashwagandha_lab)でした。

参考文献

【広告】おすすめジム紹介

\ サプリ×運動で理想の身体 /

当ブログはリンクフリーです

当ブログは、記事本文・加工画像・図解等をご自身のサイトにご自由にお使いください。ご使用の際は、文章・画像をご利用する記事に当ブログの対象記事URLを貼って頂ければOKです。

PAGE TOP
アシュワガンダサプリを今すぐチェック
おすすめ商品比較ランキング
アシュワガンダサプリを今すぐチェック
おすすめ商品比較ランキング