効果効能解説

【サプリ】アシュワガンダでコルチゾールレベルが27.9%下がった研究結果の話【ストレス減少効果】

【サプリ】アシュワガンダでコルチゾールレベルが27.9%下がった研究結果の話【ストレス減少効果】

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

「慢性的なストレスを感じている

「嫌なことを思い出して頭がぐるぐる

「職場で自分だけ理不尽に扱いが悪い

こういった悩みで悩んでいる人沢山いると思います。というか自分がまさにそうでした(ꐦ ˙-˙ )

この記事を読めば、アシュワガンダの摂取によって、

  • 血清コルチゾールが60日で27.9%ダウン
  • その他のストレスチェックテストでプラセボと比較して大幅にスコア改善
  • 特に副作用はなし

した研究のことがバッチリわかると思います。

今、理不尽な環境や扱いにストレスを抱えて、くじけそうなあなたの心を少しでも楽に出来るかもしれません。
つらい気持ちわかります。すごくわかります。ぜひ最後まで読んでみてください╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

▼この記事を書いている人▼
>>運営者プロフィール
▼Twitterアカウント▼
>>@ashwagandha_lab

▼こちらもおすすめ!▼
>>アシュワガンダの効果を証明した臨床試験一覧
>>【効果効能】アシュワガンダサプリ情報まとめ一覧



▼Pinterest▼

アシュワガンダとはそもそも何か

アシュワガンダとはそもそも何か

まず、知らない人のためにアシュワガンダとはそもそも何か?」について簡単に説明します。

一般的な名称アシュワガンダ Withania (ウィザニア、ウィタニア) インド人参
学名Withania somnifera(ウィザニア ソムニフェラ)
主な効果効能テストステロン増加 コルチゾール減少 筋肥大 筋力強化 体脂肪減少 免疫力向上 甲状腺機能の調節 女性の性機能向上 精液増加 抗がん作用 不安感・ストレス緩和 睡眠の質向上 更年期障害の緩和 脳機能向上 抗酸化作用(老化防止) 神経保護 抗炎症 統合失調症の緩和(参考
1日の適量300mg~600mg
※管理人は900~1200mgくらい。特に副作用は出ていません。
種別ナス科
原産インド ネパール パキスタン スリランカなど
名前の由来サンスクリット語で「馬の匂い」。(アシュワ-馬、ガンダ-匂い)を意味し、おそらくその根の匂いに由来。
注意事項以下の人は飲まないように。

過剰摂取する人 妊娠中の人 胃潰瘍・胃炎の人 糖尿病の人 自己免疫疾患の人 睡眠薬使用中の人 ナス科アレルギーの人(参考
背景インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」にて、「ラサヤナ(若返りの薬)」とよばれ媚薬や強壮剤として使用されてきたハーブ。
現代では「アダプトゲン=副作用のない安全で人体に有効なハーブ」のひとつとして数えられている。
アシュワガンダの基本情報

要するに「インドの伝統医療のすごいハーブ」でだいたい大丈夫だとおもいます(・ω・)b

研究の内容:アシュワガンダのストレス減少効果&副作用はないかを調べる研究

【アシュワガンダ】研究の内容

今回ご紹介するのは2012年に発表された「A prospective, randomized double-blind, placebo-controlled study of safety and efficacy of a high-concentration full-spectrum extract of ashwagandha root in reducing stress and anxiety in adults(訳:成人のストレスと不安の軽減におけるアシュワガンダ根の高濃度フルスペクトル抽出物の安全性と有効性に関する前向き無作為化二重盲検プラセボ対照試験)」という研究です。

この研究では慢性ストレスの病歴を持つ人64人を対象に90日間アシュワガンダを摂取してもらい、その結果どのくらいストレスが軽減されているか科学的に調べています。

何を調べるのか

  • ストレスと不安を軽減し、ストレス下にある成人の一般的な幸福を改善する上で、アシュワガンダの根の高濃度フルスペクトル抽出物の安全性と有効性を評価すること
  • 要するにアシュワガンダが慢性的なストレス状態を改善するか、そのときに危険な副作用などはないかを調べる」

アシュワガンダはインド古来の伝統医療「アーユルヴェーダ」でもストレスに効くハーブとして紹介されていますし、現代での臨床試験でもストレスの軽減に役立つことが判明しています。

ようするに今回はアシュワガンダのストレス軽減効果+安全性もチェックしよう」という研究です。

ちなみにアシュワガンダのストレス軽減を対象にした研究では、人間だけでなくラット、なんと「犬(参考)」や「馬(参考)」を対象にしたものもあるからおどろきですね。

研究データ

  • 研究期間:60日間
  • 研究参加者:慢性ストレスの病歴を持つ被験者64人

研究期間は60日と短めですが、被験者も多く、かつ現在進行形でストレスに悩む人たちを集めた実践的な研究です。

測定方法

  • KSM-66アシュワガンダを1回300mg×朝晩2回、60日間経口投与
  • プラセボ群にはプラセボカプセルを1回300mg×朝晩2回、60日間経口投与
  • 90日経過後、血清コルチゾール濃度、標準的なストレス評価質問票でのスコアの評価を比較

血清コルチゾールの濃度については、ストレスホルモンコルチゾールのが血中にどれくらいあるかを分析して、「その人がどれくらいイラついているか」を科学的に測定したものになります。

また、ここでいう「標準的なストレス評価質問票」というのは、下の3つの方法です。

標準的なストレス評価質問票

  1. 【PSS】Perceived Stress Scale :知覚されたストレス尺度(参考
  2. 【GHQ-28】The General Health Questionnaire :一般的な健康アンケート(参考
  3. 【DASS】Depression Anxiety Stress Scale :うつ病不安ストレス尺度(参考

※ここでは「ほーん、ストレスをスコアではかる代表的な手法があるんやな」でOK。
気になった方は参考記事へ╭( ・ㅂ・)و̑ グッ
イメージ的には、質問項目があって、それぞれ答えていくと最終的にストレススコアが出る感じです。

研究の結果:血清コルチゾール濃度が27.9%減少

【アシュワガンダ】研究の結果

大きな変化のあったもの

  • プラセボと比較してすべてのストレス評価スケールでストレス度合いのスコアが有意な減少を示した。
  • 血清コルチゾールレベルが大幅に低下した。

アシュワガンダを摂取したグループは、プラセボと比べて上記の3つの手法すべてでストレスが減り、実際に血中のコルチゾールの濃度も低下していたということですね。

実際にどれくらいKSM-66アシュワガンダとプラセボで差があったのかを表にしてみました。

検査方法アシュワガンダプラセボ
血清コルチゾール濃度-27.9%-7.9%
PSS-44.0%-5.5%
GHQ-28-72.3%-2.3%
DASS-71.6%-5.0%
ストレス減少度:アシュワガンダとプラセボの数値比較

こうして表にしてみるとプラセボよりも明らかにストレスのレベルが減少しているのがわかりますね╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

ちなみに副作用は本質的に軽度で、両方のグループで同等で、かつ重篤な有害事象は報告されていないとのことです。

この研究について、研究者は「この研究の結果は、高濃度のフルスペクトルアシュワガンダ根抽出物が安全かつ効果的にストレスに対する個人の抵抗力を改善し、それによって自己評価された生活の質を改善することを示唆しています。」と報告しています。

要するに「ストレスもバッチリ下がるし、身体に悪影響も出ないね」ってことです╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

同様の結果が出ているその他の研究

実は今回のように「アシュワガンダとストレス」をテーマにした研究論文はたくさんあります。

下記に見やすいものをいくつか紹介してますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。英語ですがブラウザの機能で自動翻訳されると思います╭( ・ㅂ・)و̑ グッ

研究結果についての自分の推測・考察

【アシュワガンダ】研究結果についての管理人の感想

自分の感想としては、「ストレスの減少量も、安全性(副作用の有無)もおおむね納得」、という感触です。

まず、安全性については、この研究で使用されている量よりもはるかに多くのアシュワガンダを一度に飲んでみたことがありますが、特に副作用はなかったのでこれは体験談と一致します。

ストレスに関しても、自分の体験と照らし合わせて肌感覚として納得がいきます。

ただしこれからアシュワガンダを試す方に注意してほしいのは、「全くイライラしなくなるわけではない」ということです。

たしかに、アシュワガンダを飲む前よりは大幅にイライラする時間や、マイナス感情に振り回される機会は大幅に減っていますが、それでもやっぱり特に嫌なことがあった場合にはムカつくものはムカつきます笑

効果が大きいのは間違いないですが、それでも過剰な期待はしないように気をつけましょう笑

まとめ:アシュワガンダのストレス低減力はなかなかのもの

というわけで、今回はアシュワガンダの効果でひんぱんに話題に上がる「ストレスの低減・管理力向上」についての研究を紹介しました。

研究結果も示しているとおり、アシュワガンダのストレス低減力はかなりのものと思っています。

「なんで自分だけ・・・」みたいなストレスに長期間さらされて打ちのめされそうなとき、試してみてください。

アシュワガンダのストレス低減力まとめ

  • 血清コルチゾールが60日で27.9%ダウン
  • その他のストレスチェックテストでプラセボと比較して大幅にスコア改善
  • 特に副作用はなし

最後まで読んでくれてありがとうございました!

Jarrow Formulas, アシュワガンダ、300mg、ベジカプセル120粒

Jarrow Formulas, アシュワガンダ、300mg、ベジカプセル120粒 posted with iHerblet製造元 ジャロウフォーミュラズiHerbで購入

▼追伸▼
よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP