【最新】開催中のiHerb セール&キャンペーン見てみる

【老化防止】アシュワガンダでテロメラーゼ活性が45%アップした研究結果【アンチエイジング】

この記事のネタバレ:

  • 「命のろうそく」テロメアが短くなるのが老化の要因の一つ
  • テロメアが短くなるのを防ぐのがテロメラーゼ
  • アシュワガンダはそのテロメラーゼを活性化させてアンチエイジングに貢献!

「アシュワガンダに老化防止の効果はあるの?」

「アンチエイジングが期待できるサプリを探している」

「『テロメラーゼ活性 簡単に』 で検索している」

タップできる目次

そもそもアシュワガンダとは

アシュワガンダ(学名:Withania somnifera Dunal)は、数千年前からインドの伝統医療『アーユルヴェーダ』において、心身のストレスに効果を発揮する薬や強壮剤、更には媚薬としても活躍してきたハーブです。

今日では様々な臨床研究を通じ、それらの効果が現代科学にて証明され注目を浴びています。

アシュペン

実物はナス科の常緑低木です。馬の(アシュワ)匂い(ガンダ)が名前の由来。
馬の強壮な精力にちなんだという説も。

テロメア・テロメラーゼとは

テロメア・テロメラーゼとは

今回ご紹介するのは、「Withania somnifera Root Extract Enhances Telomerase Activity in the Human HeLa Cell Line(訳:アシュワガンダ根エキスによるヒトHeLa細胞株におけるテロメラーゼ活性の亢進)」という研究です。

アシュペン

ざっくり言うと、「アシュワガンダが『テロメラーゼ(老化を防止するタンパク質)』の作用を活性化するっぽい!」という研究です。

テロメアの減少=老化と健康寿命の減少

テロメアの減少=老化と健康寿命の減少

テロメアDNAとは、細胞の末端(細胞の核外)に存在するDNA(遺伝子情報)のことを指します。

通常、このテロメアDNAは年齢を重ねるほどに短縮が進行。
そしてその短縮は、老化プロセス、さらには健康寿命そのものを決定することが示唆されています。

アシュペン

テロメアの別名は「命のろうそく」。
テロメアが短くなると老化する」ということ。

つまり大雑把に言うと、このテロメアを長く保つ=若い身体を保てるということ。
(テロメアの短縮は老化の一つの要因)

老化について予測されるデメリット

  • 身体能力や心理的能力の低下
  • 疾病や障害の可能性の増加
  • 免疫力の低下
  • 肌質の低下
  • 筋力・骨密度の低下
  • 認知能力記憶力の低下
アシュペン

老化は誰でも訪れますが、緩やかに出来るならそれに越したことはないですね。

このテロメアの短縮を防ぐのが、次項で紹介する「テロメラーゼ」というタンパク質です。

テロメアの減少を食い止めるのがテロメラーゼ

テロメアの減少を食い止めるのがテロメラーゼ

テロメラーゼは、DNAの末端に位置する、細胞の寿命を延ばすためのタンパク質です。

アシュペン

つまり、先述のテロメアの減少を食い止め、老化を防止するのがテロメラーゼの作用です。

人間が生きていく上で、細胞分裂をするにはDNAの複製を行うことが必要です。

しかし、このDNA複製の際にはDNA鎖の末端部分が切り取られ、細胞分裂を繰り返すたびにこのDNA鎖が少しづつ削られていきます。

アシュペン

DNA鎖(Deoxyribonucleic acid chain)は、生命体における遺伝情報を記録している分子です。

テロメラーゼは、このDNA鎖の短縮を防ぐために、DNA鎖の末端部分を複製することで、細胞の寿命を延ばすことができます。

アシュペン

細胞分裂で削られてしまうDNA鎖の末端部分を、テロメラーゼによる複製で補完するわけですね。

テロメアとテロメラーゼの維持は、老化を遅らせ、健康な寿命を維持するために必要不可欠です。

アシュペン

若い肉体を保つ=テロメアを長く保つ。

そして、テロメアを長く保つのがこのテロメラーゼ

アシュワガンダはこのテロメラーゼの作用を活性化させる効果がありそう」というのが今回の研究。

ちなみに、この実験よりも以前、通常ヒトでの肯定的な結果の前兆である「線虫」でも、アシュワガンダにてテロメラーゼ活性の増強がみられたとこの論文では述べています。

線虫が実験動物として優秀な理由

  • 遺伝子情報の約40%がヒトのそれと共通の働きを持っている
  • 実験費用が安い
  • 身体の構造が単純で扱いやすい
アシュペン

一般的に「線虫で良い結果が出るなら、ヒトでも同じように良い結果が得られる可能性が高い」とされています。

実験の内容:様々な濃度のアシュワガンダ根エキスにヒトHeLa細胞株を浸す

様々な濃度のアシュワガンダ根エキスにヒトHeLa細胞株を浸す

今回の研究では、ヒトの細胞について、アシュワガンダの摂取によるテロメラーゼ活性の向上の有効性を検証。
手法としてはin vitroの細胞培養を選択しています。

アシュペン

in vitro:実験室で人工的に作られた環境下で行われる実験のこと。
要するに、実際の生物ではなく試験管の中の細胞で検証するイメージ。

実験の概略

  • ヒトHeLa細胞株(研究用の細胞)を使用
  • 加湿インキュベーターで維持 (37˚C)
  • 細胞は、様々な濃度のアシュワガンダ根エキス(KSM-66)で72時間処理。

上記の「様々な濃度」は、10μg、50μg、100μg、500μg、5mg
※μg=マイクログラム。「グラム」の1/1,000,000倍

様々な濃度で、アシュワガンダがヒトHeLa細胞株の中のテロメラーゼ活性に与える影響を検証しています。

アシュペン

すみません、この72時間の処理の詳細は専門的すぎてここでは解説しきれません。
気になる方は原文を読んでみてください。個人的にはDeeplで翻訳するのがおすすめ。

実験の結果:アシュワガンダがテロメラーゼの活性を高める可能性

アシュワガンダがテロメラーゼの活性を高める可能性

今回の研究の結果で、研究者たちは「アーユルヴェーダの薬草であるアシュワガンダの根の抽出物がテロメラーゼ活性を高める可能性がある」としています。

ヒトHeLa細胞を様々な濃度のアシュワガンダ根エキスで処理すると、確立されたTelomerase Rapid Amplification Protocol(TRAP)アッセイで測定したテロメラーゼ活性が増加することが示されました。

ちなみに、アシュワガンダ根エキスは、10~50μgの濃度でテロメラーゼ活性を最も高くし、約45%増加させました。

アシュペン

「サプリで言うとどれくらい飲むのが適切なの?」と思われるかもしれません。
総合的に考えると「メーカー推奨摂取量(多くの場合600mg/日)」を守るのがおすすめ。

このように、アシュワガンダ根エキスは、HeLa細胞株におけるテロメラーゼ活性を増強し、アンチエイジングを誘発する可能性を持っています。

アシュペン

ちなみに、素のままだと体内のテロメラーゼ活性は「極めて低い」とこの研究論文では述べられています。

つまり、アシュワガンダの継続摂取により、普通の人よりも若い身体を維持できる可能性が高まるということ。

アシュペン

若さを維持できるということは、加齢に伴う成人病のリスクを減らしたり、健康寿命を長く保てることにもつながります。

アシュワガンダには老化防止以外にも様々な効果効能があるので、ぜひ摂取を検討してみてください。

実例:4年間アシュワガンダを使用している自分(38歳)の身体

4年間アシュワガンダを使用している自分(38歳)の身体

ここで、実際に4年間アシュワガンダを飲んでいる自分の身体をご紹介します。

38歳時点での自分の肉体変化比較

この時点で、自分はアシュワガンダを飲み始めて4年ですが衰えるどころかどんどん引き締まっています😀

アシュペン

新しい職場で、「38歳?25歳くらいだと思ってた」と言っていただけたのがとても良い思い出。
関係ないですが素敵な職場に恵まれて私は幸福です🤗

まとめ:アシュワガンダは老化防止に効果的

アシュワガンダは老化防止に効果的

いかがでしたでしょうか。今回の記事の要点をまとめて記事を締めたいと思います。

まとめ:アシュワガンダは老化防止に効果的

  • 「命のろうそく」テロメアが短くなるのが老化の要因の一つ
  • テロメアが短くなるのを防ぐのがテロメラーゼ
  • アシュワガンダはそのテロメラーゼを活性化させてアンチエイジングに貢献!

今回は、アシュワガンダ根エキスは、HeLa細胞株におけるテロメラーゼ活性を増強することができるという研究をご紹介させて頂きました。

アシュワガンダを継続して摂取することで、普通の人よりも長く若い身体・健康寿命を維持することが期待できます。

今回の記事で気になった方は、ぜひ検討・活用してみてください。

▼追伸▼
よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

以上、管理人アシュペン(Twitter:@ashwagandha_lab Instagram:ashpen_fitness)でした。

アシュペン

よかったらフォローお願いします😁

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次