アシュワガンダの購入はiHerbから!見てみる

アシュワガンダのサプリはいつ飲むのがいいのか?一日の分量や頻度は?

アシュワガンダのサプリはいつ飲むのがいいのか? 一日の分量や頻度は?

この記事のネタバレ

  • アシュワガンダサプリは1日2~3粒くらい(600mg~900mg)で適当に
  • 1日1000mg~1500mgくらい飲んでも意外と大丈夫
  • 度を越して大量に飲まない限り副作用は特にない
アシュペン

ただし、体質的に合わない人もいます。

「アシュワガンダを飲むタイミングってどうすればいい?」

「1日の総量としてどれくらいのめばいい?」

「飲みすぎるとあぶない?」

アシュワガンダを試してみようという人の中には、こういった疑問を持つ方もいらっしゃいます。

この記事を読めば、適切な分量やタイミング、安全性についてきちんと把握できます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

※飲んではいけないパターン

タップできる目次

食事に合わせて一粒、というペースで大丈夫

アシュワガンダは基本的に朝晩の食事の際に1粒ずつで十分です。

アシュペン

多くのメーカーの説明は「1日に2~3回」とか「食前ごとに」「食事と一緒に」という内容。

アシュワガンダはアダプトゲン=人体に悪影響のない有益なハーブの一つに数えられています。

少し多めに取ったからといって悪影響はまずありません。

検証のために、管理人がナウフーズ社のカプセル(1日推奨量2~3粒)を毎食ごとに5粒(合計15粒)飲んでみましたが、普通に体調が良くなっただけでした。

アシュペン

特に絶好調になるわけでもなく、逆に副作用もなし。

ただし、あわない体質の方も一定数いらっしゃいます。

実際に飲んでみて、感触が良くない場合は服用を中止しましょう。

ただし、人によっては午後イチに1粒、夕食時に1粒がおすすめ

基本的には上記のように朝と晩の1粒でOKです。

ただし、「朝飲んだらリラックスしすぎて緊張感(やる気)が出なくて無気力になってしまう)」という方は午後イチに1粒をまず飲むのがいいでしょう。

実は、朝起きた直後は1日のうち最もコルチゾールが出る時間帯になります。

コルチゾールと聞くと嫌う人もいるかも知れませんが、実は朝にコルチゾールが出てくれるおかげで緊張感が生まれています。これをアシュワガンダで相殺すると朝活に悪影響が出てしまうというわけですね。

アシュペン

高い職業倫理で淡々と仕事できる人は気にしなくて大丈夫。
「やる気があろうがなかろうができる人」ですね。

また、アシュワガンダが睡眠を促しますが、一応は刺激物です。

そのため、就寝の前に飲むと逆に寝付けなくなる、という方がたまにいます。

この場合には午後の19時〜20時ごろに飲むといいでしょう。

アシュペン

ものにもよりますがアシュワガンダの効果が継続する時間はだいたい4〜5時間です。

※アシュワガンダ内にある95種類の植物化合物が全て体から抜ける半減期が12時間と言われています。

用法容量についてのメーカー記載例

メーカーごとのアシュワガンダの用法用量を紹介します。

メーカー名1粒の容量使用の目安1日の総摂取量
Now Foods(ナウフーズ)450mg1日2~3回 1粒900~1350mg
Jarrow Formulas(ジャロウフォーミュラズ)300mg1日1〜2回 1粒300~600mg
Himalaya(ヒマラヤ)社670mg1日1回 1粒670mg
Planetary Herbals(プラネタリーハーバルズ)570mg1日2回 1粒1140mg
Life Extension(ライフエクステンション)125mg1日2回 1粒450mg
Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)500mg1日2~3回 1粒1000~1500mg
Youtheory(ユーセオリー)1000mg1日 2粒1000~2000mg
Organic India(オーガニックインディア)800mg1日2回 2粒1600mg
1日の総摂取量は概算

このように、アシュワガンダは1粒あたりの容量メーカーごとにかなりバラつきがあります。

摂取タイミングについても、ほとんどのメーカーが「食前」「食事と一緒」「とくになし」「空腹時」と表記。

アシュペン

タイミングよりも1日の総量で決めるのがおすすめ。

摂取量については、逆算していくとメーカーが推奨している1日あたりの摂取量はどこも1000mg~1500mg程度になります。

多く摂りすぎて副作用はないのか?

アシュワガンダの副作用は”基本的には”ありません。

ただし、体質により1日1000mg以上摂ると胃が疲れることも。

また、ごく少数ではありますが、過剰摂取や不適切な運用・体質の不一致により、肝毒性が認められた事例もあります。

冒頭でもお話したとおり、アシュワガンダは「アダプトゲン」という「生体にとって無害」と指定されているハーブの中の一つです(参考)。

アシュペン

※もちろんあまりにも多く飲むと胃に負担がかかることはありますが、それはどのような食べ物・飲み物でも同じこと。

ただし、どうしても体質が合わない場合というのはあります。

不備が出た場合にはすぐに服用の中止をお願いいたします。

アシュペン

接種の前にお医者さんに聞くのが確実。

まとめ:アシュワガンダの飲み方

最後に記事の内容をおさらいして終えたいと思います。

アシュワガンダの飲み方・用法用量

  • 1日2~3粒くらい(600mg~900mg)で適当に
  • 1日1000mg~1500mgくらい飲んでも意外と大丈夫
  • 度を越して大量に飲まない限り副作用は特にない

アシュワガンダの用法容量については以上です。

アシュワガンダの健康効果は、他の健康系サプリと比べても体感レベルでハッキリと感じるレベルで高です。

迷っている方はぜひ一度お試し下さい。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼追伸▼
よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

以上、管理人アシュペン(Twitter:@ashwagandha_lab)でした。

アシュペン

よかったらフォローお願いします😁

参考文献

アシュワガンダのサプリはいつ飲むのがいいのか? 一日の分量や頻度は?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次