効果効能解説

アシュワガンダのサプリはいつ飲むのがいいのか? 一日の分量や頻度は?

アシュワガンダのサプリはいつ飲むのがいいのか?一日の分量や頻度は?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

◆この記事のネタバレ

  • アシュワガンダサプリは1日2~3粒くらい(300mg~600mg)で適当に
  • 1日1000mg~1500mgくらい飲んでも意外と大丈夫
  • 副作用は特にないから大目に飲んでも大丈夫

※ただし、体質的によってあわない人はとことんあわない。

アシュワガンダを飲むタイミングってどうすればいい?」

「1日の総量としてどれくらいのめばいい?」

「飲みすぎるとあぶない?」

アシュワガンダを試してみようという人や、すでに購入して手元にあるひとの中にはこういった疑問を持つ方もいると思います。

この記事ではこれらの質問にお答えしていきます!
ぜひ最後まで読んでみてください!

▼この記事を書いている人▼
>>運営者プロフィール
▼Twitterアカウント▼
>>@ashwagandha_lab

▼こちらもおすすめ!▼
>>アシュワガンダの効果を証明した臨床試験一覧
>>【効果効能】アシュワガンダサプリ情報まとめ一覧

アシュワガンダとはそもそも何か

アシュワガンダとはそもそも何か

まず、知らない人のためにアシュワガンダとはそもそも何か?」について簡単に説明します。

一般的な名称アシュワガンダ Withania (ウィザニア、ウィタニア) インド人参
学名Withania somnifera(ウィザニア ソムニフェラ)
主な効果効能テストステロン増加 コルチゾール減少 筋肥大 筋力強化 体脂肪減少 免疫力向上 甲状腺機能の調節 女性の性機能向上 精液増加 抗がん作用 不安感・ストレス緩和 睡眠の質向上 更年期障害の緩和 脳機能向上 抗酸化作用(老化防止) 神経保護 抗炎症 統合失調症の緩和(参考
1日の適量300mg~600mg
※管理人は900~1200mgくらい。特に副作用は出ていません。
種別ナス科
原産インド ネパール パキスタン スリランカなど
名前の由来サンスクリット語で「馬の匂い」。(アシュワ-馬、ガンダ-匂い)を意味し、おそらくその根の匂いに由来。
注意事項以下の人は飲まないように。

過剰摂取する人 妊娠中の人 胃潰瘍・胃炎の人 糖尿病の人 自己免疫疾患の人 睡眠薬使用中の人 ナス科アレルギーの人(参考
背景インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」にて、「ラサヤナ(若返りの薬)」とよばれ媚薬や強壮剤として使用されてきたハーブ。
現代では「アダプトゲン=副作用のない安全で人体に有効なハーブ」のひとつとして数えられている。
アシュワガンダの基本情報

要するに「インドの伝統医療のすごいハーブ」でだいたい大丈夫だとおもいます(・ω・)b

食事に合わせて一粒、というペースで大丈夫

アシュワガンダは基本的に朝晩の食事の際に1粒で十分です。

多くのメーカーの説明は「1日に2~3回」とか「食前ごとに」「食事と一緒に」という内容。

また、アシュワガンダはアダプトゲン=人体に悪影響のない有益なハーブの一つであり、少し多めに取ったからといって悪影響が出るわけでもありません。

ただし、あわない体質の方も一定数いらっしゃいますので、実際に飲んでみて、感触が良くない場合、服用の中止をお願いします。

検証のために、当サイトの管理人がナウフーズ社のカプセル(1日推奨量2~3粒)を毎食ごとに5粒(合計15粒)飲んだり、朝5粒夜5粒(合計10粒)飲んでみました。
結果として普通に体調が良くなっただけで、特に絶好調になるわけでもなく、逆に副作用もありませんでした。

用法容量についてのメーカー記載例

メーカーごとのアシュワガンダの用法用量を紹介します。

メーカー名1粒の容量使用の目安1日の総摂取量
Now Foods(ナウフーズ)450mg1日2~3回 1粒900~1350mg
Jarrow Formulas(ジャロウフォーミュラズ)300mg1日1〜2回 1粒300~600mg
Himalaya(ヒマラヤ)社670mg1日1回 1粒670mg
Planetary Herbals(プラネタリーハーバルズ)570mg1日2回 1粒1140mg
Life Extension(ライフエクステンション)125mg1日2回 1粒450mg
Nature’s Way(ネイチャーズウェイ)500mg1日2~3回 1粒1000~1500mg
Youtheory(ユーセオリー)1000mg1日 2粒1000~2000mg
Organic India(オーガニックインディア)800mg1日2回 2粒1600mg
1日の総摂取量は概算

このように、アシュワガンダは1粒あたりの容量メーカーごとにかなりバラつきがあります。

ただし、そこから逆算していくとメーカーが推奨している1日あたりの摂取量は1000mg~1500mg程度になります。

※そもそも1日の推奨設定量を特に指定していないメーカーも。
※摂取タイミングについては、ほとんどのメーカーが「食前」「食事と一緒」「とくになし」「空腹時」と表記。

多く摂りすぎて副作用はないのか?

アシュワガンダの副作用:基本的にはなし。ただし、体質により1日1000mg以上摂ると胃が疲れることがある。

冒頭でもお話したとおり、アシュワガンダは「アダプトゲン」という「生体にとって無害」と指定されているハーブの中の一つです(参考)。

そのため、1日2,3粒:600~900mg程度ならば問題ありません。

ただし、どうしても体質が合わない場合というのはありますので、その場合には服用の中止をお願いいたします。

▼関連記事▼
>>【注意】アシュワガンダを飲まないほうがいい・飲んではいけない人【やばい飲み合わせ】

※もちろんあまりにも多く飲むと胃に負担がかかることはありますが、それはどのような食べ物・飲み物でも同じこと。

まとめ:アシュワガンダの飲み方

最後に記事の内容をおさらいして終えたいと思います。

アシュワガンダの飲み方・用法用量

  • 飲むタイミングは1日に2~3回、食事と合わせてで大丈夫
  • 1日の総量は1000mgくらい
  • ある程度大目に摂っても身体に悪影響は出ない

アシュワガンダの用法容量については以上です。

アシュワガンダの健康効果は他の健康系サプリと比べても体感レベルでハッキリと感じるレベルで高いので迷っている方はぜひ一度お試し下さい。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。
もしよければほかの記事も読んでみてください。それでは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP