効果効能解説

【サプリ】アシュワガンダで女性の性機能・性生活が向上した研究結果の話【性欲自体はあがらない】

【サプリ】アシュワガンダで女性の性機能・性生活が向上した研究結果の話

この記事を読むのに必要な時間は約 22 分です。

ネタバレ:アシュワガンダが女性の性機能に与えた効果

  • 女性性機能:改善・向上
  • 潤滑レベル:向上
  • 性行為の回数:向上
  • 性行為時の満足度:向上
  • オーガズム障害:改善
  • 性行為時の苦痛:減少

「身体は健康なはずなのに、身体的もしくは精神的に性欲がもてない」

「不感症・オーガズム障害かもしれない(要は性行為でイケない)」

「アシュワガンダで男性の性機能が向上することは知ってるけど女性は?」

理由はさまざまですが、男女問わず自分の性機能に悩む方は非常に多いのではないでしょうか。

ヤマザキ

管理人は男性ですが、加齢や精神的な理由で自分の身体の性機能に不備がおきる苦しさは痛いほどよくわかります。

この記事を読めば、アシュワガンダで女性性機能が向上・改善した研究のことがバッチリわかります。

もしあなた・もしくは女性のパートナーが悩みを漠然とでも抱えているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

アシュワガンダラボ管理人

この記事を書いている人
名前:ヤマザキ:元デブ
アシュワガンダ歴:約2年

▼運営者プロフィール▼
>>当メディアについて
▼Twitter相互フォロー歓迎▼
>>@ashwagandha_lab

身長:175cm
体重:85kg → 72kg

ヤマザキ

アシュワガンダで体質改善に成功したのでブログとTwitterを始めました。

●Twitter相互フォロー歓迎

iHerb アシュワガンダ商品リンク

  • iHerbのアシュワガンダおすすめ商品
  • 自動的に割引価格で購入(カートで確認可能)

PR

  • 普通の人よりも早く効果を出したい、間に合わせたい
  • サプリ×パーソナルトレーニングで理想の身体に

研究の内容:アシュワガンダが女性の性機能障害を改善する可能性の検証

今回ご紹介するのは2015年に発表された「女性性機能の改善におけるアシュワガンダの根の抽出物の有効性と安全性:パイロット研究)」という研究です。

研究の概要

  • 対象:性機能性欲に不具合が発生している女性
  • 内容:高濃度のアシュワガンダの摂取
  • 目的:女性性機能障害を改善させる可能性があるという仮説の検証

改善可能性の根拠を見る前に、まずは研究対象の被験者の属性を見ていきたいと思います。
まずはおおざっぱに下記の4つのカテゴリのうち、1つ以上当てはまる方を対象にしています。

研究対象者:以下4つのうち1つもしくは複数発症者

  • 性的欲求低下障害(HSDD:Hypoactive Sexual Desire Disorder:参考
  • 女性の性的興奮障害(FSAD:Female Sexual Arousal Disorder:参考
  • 女性のオルガスム障害(FOD:Female Orgasmic Disorder:参考
  • 性器と性的興奮障害の組み合わせ
ヤマザキ

4つ目の「性器と性的興奮障害の組み合わせ」はおそらく心理面・肉体面両方の併発問題ということだと思われます。

上記を満たした上で、以下の細かい条件を満たしている人たちが今回の研究の被験者です。

対象者の詳細条件(細かいので折りたたみ)

  • 21〜50歳の女性
  • 1年以上の安定した異性愛関係
  • 以前または現在、数年間性機能に従事
  • パートナーの男性の性機能が最低限あること
  • 少なくとも、週に2回オルガスムを達成することを意図して性交に従事することをいとわない女性
  • 書面による合意し、すべての研究要件を満たすことができる女性
  • 避妊手段としてコンドームを使用することをいとわない女性
  • 英語を流暢に話し、読み、書くことができる女性
  • ※除外条件などは元記事(参考)をご確認ください。

    上記の条件に合致する被験者を対象に、下記の内容を検証し確認するのが目的です。

    何を調べるのか

    • 高濃度のアシュワガンダ根抽出物の摂取が、女性性機能障害を改善する可能性があるという仮説
    ヤマザキ

    アシュワガンダを通じて女性性機能の改善がみられるか検証するということですね。

    この研究の研究者さんたちは、「アシュワガンダが女性性機能を改善する根拠」として、下記の2点に注目しています。

    研究者たちが根拠としたアシュワガンダの要素 2選

    1. ストレス機能
    2. アンドロゲン欠乏症の解消能力

    ヤマザキ

    「いや意味わからん」という人がほとんどだと思います。それぞれ見ていきましょう。

    仮説①:抗ストレス機能

    1つ目。「抗ストレス機能」について。

    アシュワガンダはストレスを軽減する、という結果が他のたくさんの研究で出ています。

    そして、女性は慢性的なストレスを患っているとき、心身の性的な欲求が低下することも判明しています。

    つまり、元となるストレスを取り除くことで性欲減退の改善が期待できます。

    仮説②:アンドロゲン欠乏症候群を相殺する効力

    2つ目。「アンドロゲン欠乏症の改善効果」について。

    ヤマザキ

    「アンドロゲン欠乏症ってなに?」という方もいると思います(わたしも思いました)。

    ざっくりいうと、アンドロゲンというのは男性ホルモンのひとつです。

    意外なことに、実は女性でも男性ホルモンはあります。

    ヤマザキ

    逆に、男性にも女性ホルモンは分泌されてます。

    そして、男性でも女性でも、性欲を司る主なホルモンは「男性ホルモン」なのです。

    ヤマザキ

    男勝り・勝気な女性が意外と性欲が強かったり、30代になった女性性欲が増加する傾向にあるのは、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの割合が増えるため。

    つまり、女性でもアンドロゲンが欠乏すると、性欲が起きなかったり、性機能に不調をきたします。

    男性ホルモンといえば、アシュワガンダにはアンドロゲンとは別の「テストステロン」という男性ホルモンの分泌量を増やす効果があることが知られています。

    そこで、研究者さんたちは、「アンドロゲンが欠乏した分の男性ホルモンを、同じ男性ホルモンであるテストステロンで埋めれば性欲が増加するのでは」と考えました。

    これが仮説根拠②です。

    ヤマザキ

    ストレスの解消 ②男性ホルモンの増加 この2つで性欲の改善が見られる可能性があるということですね。

    研究データと効果の測定方法

    2つの仮説を確認したところに、今回の研究の基礎条件についておさらいします。

    まずは基礎データから。

    研究データ

    • 研究期間:8週間
    • 摂取量:1回に300mgを朝晩2回。計600mg
    • 研究参加者:21~50歳の女性50人
    • 研究参加者の属性性機能性欲に不具合が発生している女性

    上記の50人を、「アシュワガンダを摂取するグループ」と「プラセボを摂取するグループ」に分けて違いを観察します。

    今回は女性性機能指数(FSFI:Female Sexual. Function Index)という女性性機能を測るアンケート(参考)を使用しています。

    FSFIは、19項目の質問項目に対して、それぞれ6段階評価で回答し性機能の充実度を測る手法です。

    FSFIの質問例

    • 過去4週間に、どれくらいの頻度で、性欲や性的関心がありましたか。
    • 過去4週間に、性欲や性的関心はどの程度でしたか。

    今回の実験では19項目の質問を下記の6つのカテゴリに集約

    そしてポイントをつけて改善度を調べます。

    今回の実験でフォーカスする女性性機能指数(FSFI)

    • 性欲
    • 感度
    • 潤滑
    • オーガズム
    • 満足度
    • 痛みの軽減度合い

    上記の内容を、4週間めと8週間めごとに、アシュワガンダ摂取グループとプラセボ摂取グループで比較します。

    その結果から、アシュワガンダの有効性を測ります。

    研究の結果:女性の性機能改善に効果あり

    結論から言うと、アシュワガンダは女性性機能を改善することがわかりました。

    ヤマザキ

    前述の6つのカテゴリ全部でプラセボよりも有意な結果が得られました。

    あまり向上しなかった性機能:性欲

    ヤマザキ

    「そもそもアシュワガンダで性欲って向上するの?」からはじめます。

    性欲アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時1.801.75
    4週間後2.982.74
    8週間後4.013.70
    変化値+2.21+1.95
    向上しなかった女性性機能性欲

    性欲ついては、両グループともに、最初のアンケートの点数は1.8付近でした。

    8週間後にはアシュワガンダ摂取グループは2.21プラセボグループは1.95

    ヤマザキ

    正直これは僅差です。

    研究者の方々も「アシュワガンダは性欲に影響なし。アシュワガンダは媚薬ではない」と結論。

    向上した性機能①:感度

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:感度
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:感度

    性欲自体は向上しないのはわかった。他は?」ということで感度をみてみましょう。

    感度アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時2.182.14
    4週間後3.012.68
    8週間後3.542.74
    変化値+1.36+0.6
    向上した女性性機能①:感度

    最初は両グループともに約2.15です。

    4週間の時点で離れ始め、8週間後にはアシュワガンダグループは3.54プラセボグループは2.74

    ヤマザキ

    変化値はアシュワガンダがプラセボの約2倍です。

    向上した性機能②:潤滑

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:潤滑
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:潤滑

    「感度が上がったということは滑りもよくなってるの?」ということで潤滑

    若干ですが上がりました。

    潤滑アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時2.442.39
    4週間後3.483.00
    8週間後3.803.19
    変化値+1.36+0.8
    向上した女性性機能②:潤滑

    最初は両グループともに約2.40です。

    8週間後にはアシュワガンダグループは3.80プラセボグループは3.19

    ヤマザキ

    変化値をみると、アシュワガンダが2倍近く向上。

    向上した性機能③:オーガズム

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:オーガズム
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:オーガズム

    後半戦。オーガズムの改善について。

    オーガズムアシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時1.921.87
    4週間後3.282.83
    8週間後3.412.91
    変化値+1.49+1.04
    向上した女性性機能③:オーガズム

    開始時点では両グループともに約1.90程

    8週間後の時点でアシュワガンダグループが3.41プラセボグループが2.91

    ヤマザキ

    アシュワガンダでオーガズムのしやすさ(要はイ○やすさ)が向上しました。

    向上した性機能④:満足度

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:満足度
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:満足度

    「いろいろ向上しているらしいけど、性行為そのものの満足度は?」ということで満足度

    満足度アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時2.352.34
    4週間後3.222.60
    8週間後3.792.70
    変化値+1.44+0.33
    向上した女性性機能④:満足度

    開始時の満足度のポイントは両グループともに約2.35

    8週間後、プラセボグループは0.33とほとんど変わっていません。

    逆に、アシュワガンダグループは1.44も向上しています。

    ヤマザキ

    性行為自体の満足度もバッチリ向上していることがわかります。

    向上した性機能⑤:痛み・苦痛の軽減

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:痛み・苦痛の軽減
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:痛み・苦痛の軽減

    「痛み・苦痛は?」ということでみてみましょう。

    ヤマザキ

    「痛み・苦痛」なので、数値が下がっているほど改善されています。

    痛み・苦痛の軽減アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時16.2816.24
    4週間後10.1613.24
    8週間後6.3611.96
    変化値-9.92-4.28
    向上した女性性機能⑤:痛み・苦痛の軽減

    結論から言うと痛み・苦痛はバッチリ軽減。

    最初の段階では両グループともに16.25付近です。

    8週間の時点でアシュワガンダグループの苦痛度は6.36、プラセボグループは11.96

    変化値はプラセボが-4.28。アシュワガンダグループが-9.92です。

    ヤマザキ

    倍以上に苦痛度が減っていることがわかります。

    向上した性機能⑥:性行為の回数

    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性の性機能:性行為の回数
    【比較画像】アシュワガンダで向上した女性性機能:性行為の回数

    「アシュワガンダの効果が高いのはわかった。で、回数自体は増えた??」というかたにお答えします。

    アシュワガンダ摂取グループプラセボ摂取グループ
    開始時1.84回1.96回
    4週間後3.60回3.12回
    8週間後4.16回3.16回
    変化値+2.32回+1.2回
    向上した女性性機能⑥:性行為の回数

    結論から言うと増えました。

    異性との新しい出会い自体には影響しませんでした(参考)が、性行為の回数そのものは増えたという結果になりました(おひとりさまor相手あり)

    ヤマザキ

    性機能が向上した結果、行為への積極性も向上しました。

    似た結果が出てる他の研究

    今回のように「アシュワガンダと女性」をテーマにした研究論文や海外記事は他にもあります。

    ■2020:なぜアシュワガンダを服用する必要があるのですか?

    ■2015:アシュワガンダが女性に利益をもたらす6つの驚くべき方法

    ■2021:更年期症候群の管理におけるアショカリスタ、アシュワガンダ、プラヴァルピシュティの臨床評価

    ヤマザキ

    アショカリスタとプラヴァルピシュティもアーユルヴェーダで女性性機能の向上に役立つとされているハーブです。

    管理人の感想

    思ってたよりすごかった、というのが素直な感想です。

    今回の実験では、アシュワガンダは「媚薬効果自体はない」とされました。

    しかし、その他の結果を見ると、アーユルヴェーダ(インドの伝統医療)でアシュワガンダが媚薬として扱われてきたことに納得がいきます。

    ヤマザキ

    「性行為の回数が増えたんならそれ媚薬じゃね?」と正直思いました。

    まとめ:アシュワガンダは女性の性機能の改善に有効

    今回の研究者さんたちは、下記のように結論しました。

    研究者の結論

    • アシュワガンダの根の抽出物が、女性性機能の障害治療に役立つ可能性がある。
    • 副作用がないことは、アシュワガンダの抽出物が安全に摂取できることを示唆。

    仮説どおり、ストレス管理機能」と「テストステロンの向上によるアンドロゲン欠乏症の相殺」のどちらか、もしくは両方が機能した結果と考えられます。

    注:被験者が50人の小規模で、かつ8週間という短い期間であることと、記録ポイントが最初と4週間目と8週間目と3ポイントしかありません。観測回数を増やすことで、より詳細な結果が得られるだろうとのこと。

    性機能の不備不具合で悩んでいる女性の方や、パートナーの女性の方との性生活に悩んでいる方はぜひアシュワガンダを試してみてください。

    ヤマザキ

    結果を見る限り、すくなくとも損はしないと個人的に思います。

    まとめ:アシュワガンダが女性の性機能に与えた効果

    • 女性性機能:改善・向上
    • 潤滑レベル:向上
    • 性行為の回数:向上
    • 性行為時の満足度:向上
    • オーガズム障害:改善
    • 性行為時の苦痛:減少

    今回の記事は以上です。最後まで読んでくれてありがとうございました!

    ▼追伸▼
    よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

    以上、管理人ヤマザキ(Twitter:@ashwagandha_lab)でした。

    iHerb アシュワガンダ商品リンク

    • iHerbのアシュワガンダおすすめ商品
    • 自動的に割引価格で購入(カートで確認可能)

    PR

    • 普通の人よりも早く効果を出したい、間に合わせたい
    • サプリ×パーソナルトレーニングで理想の身体に

    参考文献

    PAGE TOP
    アシュワガンダサプリを今すぐチェック
    おすすめ商品比較ランキング
    アシュワガンダサプリを今すぐチェック
    おすすめ商品比較ランキング