効果効能解説

【サプリ】アシュワガンダで記憶力と認知能力が向上した研究結果の話【短期記憶・長期記憶が両方アップ】

【サプリ】アシュワガンダで記憶力と認知能力が向上した研究結果の話【短期記憶・長期記憶が両方アップ】

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アシュワガンダ 記憶力で検索している

「頭の回転が遅くてもどかしい

「忘れっぽさに真剣に悩んでいて、記憶力をあげるサプリを探してる」

仕事や勉強などの日常生活で、記憶力の低さや、頭の回転の遅さ悩んでいる方、いると思います。

というか私がまさにそうです( º言º)

もし今この記事を読んでいるあなたが↑のような悩みを漠然とでも抱えているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

※今回の研究では、アシュワガンダで下記の脳機能が向上した研究のことをお伝えしていきます!

  • 短期記憶
  • 長期記憶
  • 実行機能
  • 持続的な注意力
  • 情報処理速度

アシュワガンダの摂取を通じて、もしかしたら日常の頭脳労働をいまより少しだけ楽に出来るかもしれません。

ぜひ最後まで読んでみてください(`・ω・)bグッ!

▼この記事を書いている人▼
>>運営者プロフィール
▼Twitterアカウント▼
>>@ashwagandha_lab

▼こちらもおすすめ!▼
>>アシュワガンダの効果を証明した臨床試験一覧
>>【効果効能】アシュワガンダサプリ情報まとめ一覧



▼Pinterest▼

アシュワガンダとはそもそも何か

アシュワガンダとはそもそも何か

まず、知らない人のためにアシュワガンダとはそもそも何か?」について簡単に説明します。

一般的な名称アシュワガンダ Withania (ウィザニア、ウィタニア) インド人参
学名Withania somnifera(ウィザニア ソムニフェラ)
主な効果効能テストステロン増加 コルチゾール減少 筋肥大 筋力強化 体脂肪減少 免疫力向上 甲状腺機能の調節 女性の性機能向上 精液増加 抗がん作用 不安感・ストレス緩和 睡眠の質向上 更年期障害の緩和 脳機能向上 抗酸化作用(老化防止) 神経保護 抗炎症 統合失調症の緩和(参考
1日の適量300mg~600mg
※管理人は900~1200mgくらい。特に副作用は出ていません。
種別ナス科
原産インド ネパール パキスタン スリランカなど
名前の由来サンスクリット語で「馬の匂い」。(アシュワ-馬、ガンダ-匂い)を意味し、おそらくその根の匂いに由来。
注意事項以下の人は飲まないように。

過剰摂取する人 妊娠中の人 胃潰瘍・胃炎の人 糖尿病の人 自己免疫疾患の人 睡眠薬使用中の人 ナス科アレルギーの人(参考
背景インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」にて、「ラサヤナ(若返りの薬)」とよばれ媚薬や強壮剤として使用されてきたハーブ。
現代では「アダプトゲン=副作用のない安全で人体に有効なハーブ」のひとつとして数えられている。
アシュワガンダの基本情報

要するに「インドの伝統医療のすごいハーブ」でだいたい大丈夫だとおもいます(・ω・)b

研究の内容:軽度認知障害研究の症状をアシュワガンダは改善するか

【アシュワガンダ】研究の内容

今回ご紹介するのは2017年に発表された「Efficacy and Safety of Ashwagandha (Withania somnifera (L.) Dunal) Root Extract in Improving Memory and Cognitive Functions:(訳:アシュワガンダ(Withania somnifera(L.)Dunal)の記憶と認知機能の改善における根の抽出物の有効性と安全性)」という研究です。

このパイロット研究(参考)では軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment:参考)の成人の記憶と認知機能の改善における、アシュワガンダの有効性と安全性を調べています。

何を調べるのか

  • 成人している軽度認知障害患者の、記憶力と認知力の改善にアシュワガンダが有効か、およびその安全性

古来より、アシュワガンダはインドの伝統医療アーユルヴェーダで、記憶力と認知力の向上に用いられてきました。

そこで今回の実験では、アシュワガンダの摂取を通じて軽度認知障害患者の症状が改善されるかどうか、科学的に確認しています。

研究データ

  • 研究期間:8週間
  • 研究参加者:50名
  • 研究参加者の属性:軽度認知障害
  • 摂取量:1日600mg(300mgを1日2回)

ちなみに、今回の研究では主に下記のテストでアシュワガンダの効果をはかっています。

測定方法一例

  • 記憶力:WMS-R ウエクスラー記憶検査(参考
  • 注意力:フランカー課題(参考
  • 認知力:ウィスコンシンカードソートテスト(参考
  • 注意力・実行力:トレイルメイキングテスト(参考

要するに脳の前頭葉(参考)の機能、つまり「あたまのよさ的なもの」を評価するテストですね。

▼参考記事(外部)▼
>>認知機能の種類とその特徴
>>認知機能 | e-ヘルスネット(厚生労働省)

※いわゆる「頭の良さ」については多々定義があると思いますが、ここではあくまで記憶力や注意力、理解力のこととして話をすすめていきます。

研究の結果:認知能力と記憶力・注意力の向上に効果あり

【アシュワガンダ】研究の結果

結論から言うと、

アシュワガンダは軽度認知障害を持つ人々の短期記憶力と長期記憶力を改善。

かつ、

実行機能・持続的な注意力・情報処理速度を改善するのに効果的である可能性がある。

とのことでした。もちろん軽度認知障害をわずらっていない人にも有効といっていいでしょう(`・ω・)bグッ!

また、特に副作用を訴える患者もいなかった模様です。

結論:アシュワガンダを1日300mg・2回8週間で向上が見られたもの

  • 短期記憶
  • 長期記憶
  • 実行機能
  • 持続的な注意力
  • 情報処理速度

同様の結果が出ているその他の研究

実は今回のように「アシュワガンダと記憶能力や認知能力」をテーマにした研究論文や海外記事はたくさんあります。

下記に見やすいものをいくつか紹介してますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。英語ですがブラウザの機能で自動翻訳されると思います(`・ω・)bグッ!

同様の結果が出ているほかの研究

研究結果についての自分の推測・考察

【アシュワガンダ】研究結果についての管理人の感想

ここまで「アシュワガンダで頭がよくなった!」という研究について話してきていて恐縮ですが、

「おかしいな、俺アシュワガンダ1日300mgを2回飲んでるはずなのに別に記憶力上がらないぞ・・・( ˘•ω•˘ )?

というのが正直な感想です…こればかりは人によります、たぶん。うーーーん…。

記憶力とか認知力は、睡眠や食事も含めて生活習慣で大きく変わるので、他の要素が邪魔しているのかも…。

まとめ:アシュワガンダは認知力・記憶力その他の脳機能の向上に効果あり

おさらいして記事を締めましょう。

今回の実験の研究者のみなさんは、アシュワガンダが軽度認知賞の方々に与えた影響について、下記のようにまとめています。

アシュワガンダの投与で軽度認知症患者に見られた改善・向上

  • 短期記憶
  • 長期記憶
  • 実行機能
  • 持続的な注意力
  • 情報処理速度

「頭にモヤがかかっている気がする…」
「もっと記憶力が欲しい…」
「自分の脳をフルパワーで使いたい…」

という方はぜひ1度アシュワガンダを試してみてください(`・ω・)bグッ!

小規模の実験ではありますが、今回の研究研究結果通りなら、(食生活や生活習慣もきちんと整えれば)頭の回転と記憶力の向上が期待できるかもしれません\(‘ᴗ’ )>!

今回の記事は以上です。最後まで読んでくれてありがとうございました!

Jarrow Formulas, アシュワガンダ、300mg、ベジカプセル120粒

Jarrow Formulas, アシュワガンダ、300mg、ベジカプセル120粒 posted with iHerblet製造元 ジャロウフォーミュラズiHerbで購入

▼追伸▼
よろしければアシュワガンダラボ!のほかの記事も読んでみていただければすごくうれしいです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP