効果効能解説

【保存版】アシュワガンダの主な成分と効果一覧

【保存版】アシュワガンダの主な成分と効果一覧

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

アシュワガンダ 効果で検索して情報探してる」

「なんかいろいろ効くらしいけど、全部一括で一覧できる記事を探してる」

「どういう効果があるのか・どういう症状に効くのか気になる」

この記事にたどりついた方はアシュワガンダの効果について詳細に把握したい、という願望をお持ちだと思います。

そこでこの記事では下記の2点をピックアップしてリストアップしてご紹介いたします。

  • アシュワガンダに含まれる主な成分一覧
  • 成分ごとにそれぞれどういった効果があるのか

この記事だけでアシュワガンダがどういう効果を持つサプリメントなのか一覧で見られるようにしてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

※かなりかいつまんで紹介しています。詳細が気になる方はガチな研究結果や論文へのリンクを貼っていますのでそちらからご確認下さい。

▼この記事を書いている人▼
>>運営者プロフィール
▼Twitterアカウント▼
>>@ashwagandha_lab

▼こちらもおすすめ!▼
>>アシュワガンダの効果を証明した臨床試験一覧
>>【効果効能】アシュワガンダサプリ情報まとめ一覧

アシュワガンダとはそもそも何か

アシュワガンダとはそもそも何か

まず、知らない人のためにアシュワガンダとはそもそも何か?」について簡単に説明します。

一般的な名称アシュワガンダ Withania (ウィザニア、ウィタニア) インド人参
学名Withania somnifera(ウィザニア ソムニフェラ)
主な効果効能テストステロン増加 コルチゾール減少 筋肥大 筋力強化 体脂肪減少 免疫力向上 甲状腺機能の調節 女性の性機能向上 精液増加 抗がん作用 不安感・ストレス緩和 睡眠の質向上 更年期障害の緩和 脳機能向上 抗酸化作用(老化防止) 神経保護 抗炎症 統合失調症の緩和(参考
1日の適量300mg~600mg
※管理人は900~1200mgくらい。特に副作用は出ていません。
種別ナス科
原産インド ネパール パキスタン スリランカなど
名前の由来サンスクリット語で「馬の匂い」。(アシュワ-馬、ガンダ-匂い)を意味し、おそらくその根の匂いに由来。
注意事項以下の人は飲まないように。

過剰摂取する人 妊娠中の人 胃潰瘍・胃炎の人 糖尿病の人 自己免疫疾患の人 睡眠薬使用中の人 ナス科アレルギーの人(参考
背景インドの伝統医療「アーユルヴェーダ」にて、「ラサヤナ(若返りの薬)」とよばれ媚薬や強壮剤として使用されてきたハーブ。
現代では「アダプトゲン=副作用のない安全で人体に有効なハーブ」のひとつとして数えられている。
アシュワガンダの基本情報

要するに「インドの伝統医療のすごいハーブ」でだいたい大丈夫だとおもいます(・ω・)b

アシュワガンダに含まれる成分一覧

アシュワガンダのざっくりとした主成分は下記のとおりです。

アシュワガンダの主成分

  • ウィザフェリンA
  • ウィザノン
  • スコポレチン
  • サポニン
  • タンニン
  • トリエチレングリコール
  • 鉄分
  • ミネラル
  • その他ミネラル

この記事はアシュワガンダで得られる効能をざっくり知りたい人向けの記事となっています。細かい効果効能は当サイトの他記事でも解説しているのでぜひごらん下さい。

ウィザフェリンA

ウィザフェリンA
効果効能テストステロンレベル向上 精子の増加 媚薬効果・性欲増強 アルツハイマー防止 痴呆防止 腫瘍の活性化の抑制 免疫力向上 記憶力向上 集中力向上 関節炎緩和 腰痛緩和 動脈硬化予防 血液浄化 リウマチ緩和 抗ストレス 不安感改善 精神の鎮静効果 疲労防止 アンチエイジング 無気力改善 不眠改善
注意点妊婦の方や産後の方は摂取を避けること。

アシュワガンダの栄養素といったらウィザフェリンA

  • ウィザフェリンAはアシュワガンダの代表的な成分。
  • ウィザフェリンAだけで効果のカバー範囲がかなり広い。
  • 「ウィタフェリンA:と呼ばれることも(英名:Withaferin A)。

下記の研究結果のように抗がん作用でも注目されることが多いですが、インドのアーユルヴェーダにて古来から現在に至るまで医療行為に使用されるだけあって有効性が多岐にわたるすばらしい成分です。

▼アーユルヴェーダの効能(他サイト記事)▼
>>「アーユルヴェーダのハーブにおけるトップ10とその健康効果

ヒト白血病細胞を使った実験で、withaferin Aはがん細胞に活性酸素を発生させてミトコンドリアの機能を破壊しアポトーシスを誘導する作用が報告されています。また、マウスを使った実験で、withaferinAが乳がん細胞の増殖を抑制する効果が報告されています。

アシュワガンダ葉の抗がん作用

上記とは別にラットを使用した実験でウィザフェリンAに一定の毒性効果があることが判明しています。
ただし次に紹介するウィザノンにウィザフェリンAの毒性を解毒する効果があり、アシュワガンダによる人への毒性などは特にないとされています。

参考記事(他サイト記事)
>>熊本大学薬学部/今月の薬用植物
>>アシュワガンダの種 – マルシェ青空
>>アシュワガンダ葉の抗がん作用
>>ウィザフェリンAは、サーチュイン3依存的な方法で酸化ストレス阻害を介して肝線維症の予防効果を発揮します。

ウィザノン

ウィザノン
効果効能がん細胞のアポトーシス(自殺)促進 正常細胞の寿命延長・機能の亢進 ウィザフェリンAの毒性の解毒作用
注意点がんを絶対に押さえ込むというわけではない。

がん細胞の抑止・自死促進に効果的なウィザノン

  • ウィザノンはがん細胞の「抑制」効果が特徴的。
  • 人体にはがん細胞の自殺を促す「がん抑制遺伝子p53」がある。
  • ウィザノンは「P53」の働きを活性化させる効果がある。

※p53遺伝子(ピー53いでんし):通称”ゲノムの守護神”。pはたんぱく質(protein) 53は分子量53,000から。がん抑制遺伝子の中でも有名。
これらのがん抑制遺伝子が動作不良を起こすとがんが発症するといわれている。

ウィザノンについては”ゲノムの守護神”『p53』の活性化が注目されています。上記でも記載していますがp53は人間の身体の中にあるがん抑制遺伝子のひとつとして有名で、これらがん抑制遺伝子の動作不良ががんの原因とも考えられています。
『p53を大量に身体に投入する』というがん治療法も存在するほどの力を持った遺伝子です。

そのためアシュワガンダサプリを摂取することでがんの抑制や治療に役立つと考えられ、実際に日本でもそういった研究結果が発表されています。

産総研は科学的な検証がないアシュワガンダの有効作用に注目。その葉をアルコールで抽出した成分が、正常細胞とがん細胞に与える影響を動物実験などで調査したところ、がん細胞を死滅させ、正常細胞の老化を防ぐ効果があった。(中略)ウィザノンと呼ばれる物質が「p53」というガン抑制遺伝子を活性化させ、がん細胞の増殖抑制や正常細胞の老化防止を導くことが分かった。

がん細胞の増殖抑えるインドの薬草 産総研が効果確認

スコポレチン

効果効能血管の拡張による血圧の調整 高血圧緩和・改善 動脈硬化緩和・改善 バクテリアなどに対する抗菌作用 抗炎症 関節炎緩和 抗ヒスタミン(抗発赤、抗発熱、抗腫脹、抗疼痛) アレルギー性鼻炎・花粉症緩和 セロトニン分泌量増加 うつ病の改善 睡眠障害の改善
他に含まれる食材ノニ ノニジュース
注意点上記の効能だけ考えるならノニジュースだけでOK!

血管の正常化と抗炎症効果のあるスコポレチン

  • 日本だと沖縄のノニジュースに豊富に含まれていることで有名
  • 抗菌作用
  • 抗炎症作用

日本だと沖縄にあるノニにもスコポレチンは含まれています。
ノニジュースでその健康効果を知った人も多いでしょう。ノニは2000年以上前からポリネシアに自生していますが、前述どおり日本では沖縄が有名です。

『トリプトファンとスコポレチン』「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンを脳内で分泌するために欠かせないもので、セロトニンはストレスを和らげたり睡眠不足の解消を促したりする働きがあります。またスコポチレンは抗菌作用もあり炎症が抑えられる効果もあります。

スーパーモデルも愛飲する、発酵食品「ノニジュース」を飲んで元気になる!

▼参考記事(他サイト記事)
>>スーパーモデルも愛飲する、発酵食品「ノニジュース」を飲んで元気になる!
>>スコポレチン:サプリメント事典:日経Gooday(グッデイ)

サポニン

サポニン
効果効能抗酸化作用(要するに老化防止) 免疫力向上 肥満予防 脂肪肝の抑制 血栓の防止 発がん物質による遺伝子転移の抑制 悪玉コレステロール低下 抜け毛 薄毛 ハゲ防止 生活習慣病 イライラ防止 解熱作用
他に含まれる食材大豆 じゃがいも 高麗ニンジン アマチャズル 大豆 ごぼう あずき 
注意点過剰に摂ると赤血球の膜が溶ける「溶血作用」が発生するので注意。たくさん摂ればいいというわけではない。

体脂肪率低下や免疫力向上に定評のあるサポニン

  • 植物の根や葉に含まれる配糖体※。
  • 体脂肪の減少
  • 虚弱体質の改善
  • 食欲の亢進

配糖体:糖がほかの化合物と合わさったものの総称。

サポニンは複数種類があり、アシュワガンダに含まれるのは「ジンノセサイド」とよばれるものになります。身近な例ではジンノセサイドは高麗人参の主成分です。

アシュワガンダは高麗人参と栄養価が似通っていることから「インドの高麗人参」「インド人参」とよばれることもあります。


サポニンだけでも人間の身体に多数のメリットがあり、特に体脂肪の減少効果には目を見張るものがあります。
富山医科薬科大学の研究では、薬用人参を高コレステロール飼育した高脂血症のラットに投与したところ、悪玉コレステロールと総コレステロール、および中性脂肪が明確に低下し、逆に善玉コレステロールが明確に増加したという研究報告があります。

▼参考記事(他サイト記事)
>>サポニン | 成分情報 | わかさの秘密
>>ジンセノサイド(Ginsenosides) | 高麗人参の生理活性物質 | コスモ・バイオ株式会社
>>高麗ニンジン|日本食品機能研究会
>>薬用人参サポニンginsenosideのコレステロール代謝改善作用について | 和漢医薬学会

タンニン

タンニン
効果効能抗酸化作用(要するに老化防止) 止瀉作用(下痢止め) 整腸作用 動脈硬化 生活習慣病の予防改善
他に含まれる食材ぶどう 日本茶 番茶 紅茶 コーヒー 渋柿
注意点便をかたくする作用があるため、下痢を抑えることができる反面、摂りすぎるとかたすぎて逆に便秘に。
タンニンについて

各種お茶にも含まれ、生活習慣病予防になるタンニン

  • 渋味が特徴的な栄養素
  • 収れん作用(組織や血管を締める作用)による肌の引き締め
  • 生活習慣病の改善
  • 日常生活を楽にする

渋柿などにも含まれるタンニンの効能は動脈硬化や生活習慣病の改善・老化防止など、日常生活を楽に送る上で役に立つ効能が期待できます。

タンニンの収れん作用は粘膜からの分泌を抑える働きがあるので、内服することによって止瀉作用や整腸作用があらわれる。このためタンニンを含む植物には薬用植物として用いられるものが多い。

タンニン – Wikipedia

もともとタンニンは自然界の植物が昆虫などに食べられないために自己防衛として生産している毒物であり、食べられないように渋い味をしています。渋柿がにがい・渋い味をしているのはこのため。

参考記事(他サイト記事)
>>タンニン・タンニン酸 | 成分情報 | わかさの秘密
>>柿タンニンの新型コロナ不活性化作用、奈良大学などが基礎研究で明らかに
>>【新型コロナ】「柿渋」が新型コロナを不活化 ウイルスを1万分の1以下に 食品開発に期待

鉄分

鉄分
効果効能ヘモグロビンの生成 コラーゲン生成 肌の美容全般 シミ防止 シワ防止 抜け毛防止 体内の酸素運搬 DNA合成修復 体内の異物の除去 うつ病防止 免疫力向上 スタミナ向上 精神集中 糖尿病防止 
他に含まれる食材ヘム鉄:肉類 サーモン
非ヘム鉄:くるみ ブロッコリー マッシュルーム チョコレート
注意点摂りすぎると便秘や胃腸障害を引き起こすことも。アシュワガンダに含まれるのは非ヘム鉄(植物由来の鉄)の方。
鉄について

赤血球の機能正常化に欠かせない鉄分

  • 体内の血液に酸素を供給する
  • 鉄分が不足すると貧血発生

鉄分は主に体内の血液に酸素を供給する役目があり、これが不足すると日中とにかくだるい、疲れやすいといった症状があらわれます。
立ちくらみやめまい、動悸・息切れに悩んでいる方は鉄分を意識的に摂ってみることをおすすめします。

▼おすすめ鉄分サプリ▼
>>iherbで鉄分サプリを探してみる

鉄分には2種類ある

  • ヘム鉄:魚や肉から得られる鉄分
  • 非ヘム鉄:植物から得られる鉄分

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄という2つの種類があり、アシュワガンダのサプリに含まれるのは植物性の非ヘム鉄とよばれる方です。
実は非ヘム鉄はヘム鉄よりも吸収効率がわるく、またアシュワガンダには非ヘム鉄の吸収阻害効果のあるタンニンも含まれています。

こういったことからわたし個人は「アシュワガンダに鉄分の効果をあまり期待しないほうがいいかな?」と考えてもいます。

参考記事(他サイト記事)▼

カリウム

カリウム
効果効能むくみ改善 体内の水分量調整 高血圧改善 筋肉の機能の正常化
他に含まれる食材ヒジキ 海苔 バナナ アボカド じゃがいも トマト
注意点カリウムを摂りすぎると「高カリウム血症」になるので注意。
カリウムについて

体内の水分調整で役に立つカリウム

  • カリウム最大の効能は体内の水分調整
  • 摂り過ぎると過剰症
  • 不足しすぎると欠乏症
  • ただし日常生活で不足することはほぼありえない

カリウムは特にからだの水分の調整に役に立つ栄養素です。

むくみについて「水分のとりすぎ」と勘違いする人がいらっしゃいますが、実際は逆です。

水分が不足しているときに脳が水分を体内に残そうとしてむくみというのは発生します。きちんと水分は確保した上で適量のカリウムを摂りましょう。

摂りすぎもダメ

ちなみにカリウムをあまりにも多く摂りすぎると下記のような「高カリウム血症」になってしまうので注意です。

高カリウム血症が重症化すると、不整脈が起こることがあります。また、カリウム濃度が極めて高くなると、心臓が止まることがあります。

高カリウム血症(血液中のカリウム濃度が高いこと)

実はカリウムというのは普段の食事で足りています。また、腎臓に摂りすぎたカリウムを体外に排出する機能があるため、腎臓が正常に機能していれば過剰になることもほとんどありません。

逆にカリウムが不足するというのはどのようなケースかというと、ご飯を全く食べないなどの間違ったダイエットを行なった際に起きてしまいます。
「きちんと食べてきちんと運動する」という原則にのっとったダイエットをしていればカリウムの過剰や不足に悩むことはないでしょう。

参考記事(他サイト記事)

まとめ:アシュワガンダのカバー範囲はかなり広い

いかがでしたでしょうか?アシュワガンダを摂ることで得られるからだのメリットがかなり広い範囲におよぶことが伝わったかと思います。わたし自身改めて調べてみて驚きました笑
それでは最後にもう一度アシュワガンダの主成分についておさらいして記事を締めたいと思います。

アシュワガンダの主成分まとめ

  • ウィザフェリンA
  • ウィザノン
  • メトキシウィザフェリン
  • スコポレチン
  • サポニン
  • タンニン
  • 鉄分
  • ミネラル
  • その他ミネラル

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。
もしよければほかの記事も読んでみてください。それでは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
PAGE TOP