アシュワガンダの購入はiHerbから!見てみる

【論文50本以上】アシュワガンダ効果の研究事例まとめ【一覧】

アシュワガンダ効果の研究事例まとめ

「アシュワガンダが何に効くのか知りたい!」

「研究事例をまとめて見たい!」

このページではそのようなニーズにお応えして、このページではアシュワガンダの研究事例を片っ端からまとめています。

「日本最高のアシュワガンダ効果の研究事例まとめ」を目指して随時更新しておりますので、良ければ参考にして下さい。

タップできる目次

肉体面

テストステロン・筋トレ関連

・2015年:アシュワガンダの補給が筋肉量と筋力の有意な増加に関連していることを報告し、アシュワガンダの補給がレジスタンストレーニングプログラムと組み合わせて役立つ可能性があることを示唆(参考)。

・2021年:アシュワガンダが遅発性筋肉に与える効能について研究。15人の大学生(18〜23歳)を対象に、レッグプレスマシンで筋疲労になるまで実施。3日後、アシュワガンダを摂取したグループが有意に改善。ピークパワーに優位な差が見られた(参考)。

性機能・生殖機能

・2015年:性機能に問題のない50人の女性を対象にした研究。アシュワガンダによる女性の性機能・生殖能力への改善効果を測定。性欲自体は向上しないものの、性行為の満足度の向上や、性行為時の痛みの軽減がみられた(参考

・2017年:アシュワガンダの男性不妊症患者への効果を焦点にしたメタアナリシス。アシュワガンダの有効性と安全性を観察。精子の濃度や量、運動量の向上、血清テストステロンレベル向上が見られた。副作用は見られなかったとのこと(参考)。

脳機能

・2012年:ラットを対象にした研究で、海馬における低圧低酸素症(HH)誘発性の記憶障害と神経変性を改善(参考)。

・2013年:ロテノン(ROT)マウスを対象にした研究で、パーキンソン病に関連する酸化的脳細胞損傷を大幅に相殺していることを報告(参考)。

アシュペン

ロテノンはマウスに投与するとパーキンソン症候群の原因になる物質。

・2012年:アシュワガンダの主成分であるウィザフェリンAとウィザノンAは側頭葉てんかんの空間記憶障害に改善効果を示す(参考)。

・2012年:アシュワガンダの成分がグルタミン酸誘発性興奮毒性に関連する神経変性を予防する治療の可能性があることが明らかに(参考)。

アシュペン

グルタミン酸の神経毒性は、脳卒中、頭部外傷、多発性硬化症、神経変性疾患に関係。

・2012年:アシュワガンダは、肝臓の低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質を強化することにより、アルツハイマー病の病状を逆転させた(参考

アシュペン

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH):肝硬変や肝癌のリスクを大幅に高める非アルコール性脂肪性肝疾患の進行期

・2015年:アシュワガンダの葉由来の生物活性化合物は、神経保護の可能性があり、脳の健康のサプリメントとして役立つ可能性があることを示唆。(参考

・2020年:アシュワガンダ抽出物の神経保護特性、および神経変性疾患やその他の神経疾患におけるその活性成分を確認する研究。アルツハイマー病、ハンチントン病、パーキンソン病を含む多くの神経変性疾患に対するアシュワガンダの神経保護の役割を強調(参考)。

・2021年:130人の健康な認知的に健全な成人20〜55歳を対象にした研究。1日1回のアシュワガンダSRカプセルによる90日間の治療は、記憶力集中力、心理的幸福、睡眠の質を改善し、ストレスレベルを低下させ、安全で忍容性が良好(重大な副作用がなかったということ)だった(参考)。

睡眠の改善

・2012年:不眠症患者・不安症患者を対象に、睡眠の質が大幅に改善し、不眠症の改善に貢献することを証明(参考)。

・2018年:非回復性睡眠に対するアシュワガンダの効果を検討した研究。アシュワガンダは軽度の抗不安および抗うつ効果、及び乳がん患者の倦怠感の軽減などの実績から、非回復性睡眠に対しても効果的と結論。

アシュペン

非回復性睡眠「寝ても疲れが取れねー!」という意味。

・2020年:65〜80歳の高齢者74人を対象にした研究。1日600mgを12週間投与。アシュワガンダを摂取したグループは、プラセボグループよりも、明らかに睡眠の質と精神的覚醒、QOLが向上。

アシュペン

QOL:クオリティ オブ ライフ。生活や人生の満足度のこと。

・2021年:400人を対象にしたメタアナリシス。小さいながらも睡眠に対して確実に良効果があることを確認。また、不安な精神状態を改善した。副作用はなかったが、より確実なデータを取るには、長期的な観察が必要になる(参考)。

肝臓保護

・2012年:アルビノマウスを対象にした研究で、鉛の毒性から肝臓を保護する可能性を示唆(参考)。

・2012年:アシュワガンダが抗酸化活性の増強とHO-1の誘導を介して電離放射線誘発肝毒性障害の潜在的な予防薬として開発される可能性があることを示唆しています(参考)。

神経保護

・2013年:ラットを対象にした研究で、認知障害のモデルにおいてストレプトゾトシンによって誘発される酸化的損傷を改善することによって認知障害に有益な効果をもたらすことを示唆(参考)。

・2019年:ラットを対象にした研究。アシュワガンダの主成分ウィザフェリンAが、老齢ラットの神経ドーパミンニューロンを保護し、運動活動を回復。アシュワガンダが、ラットの老化を介した運動変性変化を軽減し、その神経保護の可能性を確認することを明確に示しているとのこと(参考)。

・2021年:広範な文献レビューの結果、アシュワガンダは、パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、遅発性ジスキネジア、脳卒中、不安などのさまざまな神経障害を軽減することが判明(参考)。

免疫力向上

・2012年:アシュワガンダの3つの化学種によって示される免疫応答に明確な調節(参考)。

抗酸化作用

アシュペン

抗酸化作用=要するに老化防止のこと。

・2012年:アシュワガンダの葉、果実、根の抽出物は、抗酸化作用と抗菌作用を示しました(参考)。

甲状腺機能の改善

・2018年:アシュワガンダによる治療は、無症候性甲状腺機能低下症患者の甲状腺指標を正常化するのに有益である可能性(参考)。

その他身体機能の向上

・2012年:インドのエリートサイクリスト40人を対象にした研究で、8週間で最大酸素容量(VO 2 max)、代謝当量、呼吸交換率(RER)、およびアスリートが疲労段階に達するまでの合計時間が向上したことを報告(参考)。

アシュペン

トレーニング経験のない人ではなく、ガチのアスリートでも効果があるというところがポイント。

・2020年:5つ以上の研究を対象にしたメタアナリシス。アシュワガンダの補給はVO2max(最大酸素摂取量)を改善する可能性あり(参考)。

・2012年:明らかに健康なボランティア18人を対象にした研究で、30日間で下記の変化が見られた(参考)。

向上が見られたもの:

  • 握力
  • 大腿四頭筋の強さ
  • 筋力
  • 運動耐容能
  • 睡眠の質

低下が見られたもの:

  • 総コレステロール値
  • 悪玉コレステロール値
  • 体脂肪率
アシュペン

数値の改善を測定して入るものの、実際はアシュワガンダの安全性を確認するための実験。

1人がめまいや食欲と性欲の低下を訴え、他の17人の被験者は特に問題なかったとのこと。

・2012年:ウィザフェリンA血管バリアの完全性を保護し、それによって血管炎症性疾患の治療としての有用性を支持することを示唆(参考)。

・2021年:アシュワガンダの効果について、13件以上の研究を対象にしたメタアナリシス。アシュワガンダの補給が、健康な男性と女性の身体能力に関連する変数を改善するためにプラセボよりも効果的であることを明らかにした(参考)。

アシュペン

メタアナリシス:いくつかの研究を集めて統合し、メタ(上の)視点から総合分析をする信頼性の高い手法。

糖尿病

・2012年:2型糖尿病のラットを対象にした研究で、膵臓ベータ細​​胞の数とサイズの有意な減少を確認(参考)。

・2012年:アシュワガンダの主成分の一つ「コアギュラノリド」が、肝臓のグルコースの産生を調節することにより、2型糖尿病における空腹時高血糖の制御に有用であることを示唆した。(参考

抗がん作用

・2013年:乳がん患者100人を対象とした実験。アシュワガンダは、生活の質を改善することに加えて、癌関連の疲労に対して潜在的な可能性を秘めています(要さらなる大規模の検証)。(参考

・2013年:ウィザフェリンAが発がん性の活性化だけでなく、初期の腫瘍形成におけるIDH1の不活性化とミトコンドリアの機能不全も阻害することによってその化学的予防活性を発揮する可能性があることを示唆(参考)。

・2012年:アシュワガンダの有効成分であるウィザフェリンAは、さまざまな腫瘍細胞株に細胞毒性を引き起こす(参考)。

・2012年:ウィザフェリンAがプロテアソーム活性の遮断とアポトーシスの刺激を含む複数の経路を標的とすることによってMPMの成長を抑。抗MPM剤として有望であることを示唆(参考)。

アシュペン

ウィザフェリンA:アシュワガンダの主成分

MPM:悪性胸膜中皮腫(malignant pleural mesothelioma;MPM)(参考

・2021年:アシュワガンダの抽出物が、有意な抗血管新生およびMMP阻害活性を有し、肺腺癌細胞の増殖を阻害するのに役立つことを確認。さらに、強化されたオートファジー誘導およびアポトーシス効果が、アシュワガンダ抽出物の潜在的な抗癌活性の原因であることを明らかにした(参考)。

アシュペン

血管新生:新しい血管を作ること。通常ならもちろんいいこと…なのだけれども、がん細胞が血管を作って自分に引き出すと大きくなって転移を始める。

・2021年:アシュワガンダの主成分「ウィザフェリンA」が抗腫瘍形成特性を持っていること、一方で骨格筋量に対して肥大効果を発揮することを初めて発見した(参考)。

アシュペン

がんによる筋萎縮に対して、①腫瘍の形成を抑制と②筋肉量の増加による萎縮への拮抗 がみられたということ。

・2022年:ウィザフェリンAとカフェイン酸フェネチルエステルの低用量の組み合わせは、invitroで抗転移の可能性(参考

アシュペン

invitro:生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境(参考

その他の肉体的な不調

・2012年:アシュワガンダがリーシュマニア症に関与するたんぱく質の作用を阻害することを発見(参考)。

・2012年:虫歯や歯周病の主要な病原菌の個体数を減少したと報告(参考)。

アシュペン

減少させた細菌:ストレプトコッカス・ミュータンス、ソブリヌス菌

・2013年:アシュワガンダは、膵島の炎症反応の強力な阻害剤であり、移植された膵島の生存を改善しながら、サイトカイン誘発性の細胞損傷から保護することが示された(参考)。

これらの結果は、アシュワガンダが膵島移植の結果を改善するための補助療法として組み込まれる可能性があることを示唆。

アシュペン

膵島:膵臓の中にあるインスリンを作る細胞の塊のこと。

・2018年:アシュワガンダの主成分「ウィザフェリンA」が肺線維症に対する効率的で潜在的な治療法として証明される可能性がある(参考)。

・2019年:マウスを対象にした実験。「ウィザフェリンA」がマウスの非アルコール性脂肪性肝炎を改善した(参考

精神面

ストレス改善

・2012年:慢性ストレスの病歴を持つ合計64人の被験者が、60日間でコルチゾール値が大幅に低下したことを報告。重篤な有害事象(副作用)もなし(参考)。

・2011年: マイタケ由来のグルカンとアシュワガンダ抽出物の組み合わせであるWB365が、免疫の健康とストレスの軽減に関連する強力な多面的な生物学的効果を持っていることを明確に示しました。参考

・2014年:5つの研究データを統合して分析。5つの研究すべてが、不安またはストレスの尺度での結果において、アシュワガンダ介入したほうがプラセボよりも大きなスコアの改善(ほとんどの場合有意に)をもたらしたと結論(参考)。

・2019年:ストレスを自覚している60人の男女が対象。アシュワガンダ抽出物125 mg、アシュワガンダ抽出物300 mg、または同一のプラセボのカプセルを1日2回、1:1:1の比率で8週間投与。アシュワガンダを投与された参加者は睡眠の質が大幅に改善。アシュワガンダの根の水性抽出物は、ストレスや不安を軽減するのに有益と結論(参考)。

・2022年:ストレスを自覚している17人の男性が対象。225mg、400mg、プラセボの3パターンで、0日目、15日目、30日目の状態を評価。アシュワガンダの補給は、ストレスの生理学的、認知的、心理的影響を改善する可能性があることを示唆(参考)。

うつ病

・2011年:アシュワガンダには有意に抗うつ作用があることを示した(参考

その他の精神的な不調

・2012年:アシュワガンダの主成分は強迫性障害に有効参考)。

・2018年:66人の統合失調症患者を対象にした研究。アシュワガンダは統合失調症の症状の悪化を経験している人に対し、抗精神病薬の補助として追加すると最小限の副作用で有益な効果が得られることを示唆(参考)。

参考資料

テストステロン向上・筋トレ関連

Wankhede, S., Langade, D., Joshi, K. et al. Examining the effect of Withania somnifera supplementation on muscle strength and recovery: a randomized controlled trial. J Int Soc Sports Nutr 12, 43 (2015).

Examining the effect of Withania somnifera supplementation on muscle strength and recovery: a randomized controlled trial

Effects of Ashwagandha on delayed onset muscle soreness

性機能・生殖機能

Withania somnifera (Indian ginseng) in male infertility: An evidence-based systematic review and meta-analysis

Efficacy and Safety of Ashwagandha (Withania somnifera) Root Extract in Improving Sexual Function in Women: A Pilot Study

脳機能

Withania somnifera root extract ameliorates hypobaric hypoxia induced memory impairment in rats

Effect of Withania somnifera supplementation on rotenone-induced oxidative damage in cerebellum and striatum of the male mice brain

Oxidative stress induced NMDA receptor alteration leads to spatial memory deficits in temporal lobe epilepsy: ameliorative effects of Withania somnifera and Withanolide A

Influence of Withania somnifera on obsessive compulsive disorder in mice

Water Extract from the Leaves of Withania somnifera Protect RA Differentiated C6 and IMR-32 Cells against Glutamate-Induced Excitotoxicity

Withania somnifera reverses Alzheimer’s disease pathology by enhancing low-density lipoprotein receptor-related protein in liver

Efficacy and Safety of Ashwagandha Root Extract on Cognitive Functions in Healthy, Stressed Adults: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study

睡眠の改善

Efficacy and Safety of Ashwagandha (Withania somnifera) Root Extract in Insomnia and Anxiety: A Double-blind, Randomized, Placebo-controlled Study

Effect of Ashwagandha (Withania somnifera) extract on sleep: A systematic review and meta-analysis

Study protocol and rationale for a prospective, randomized, double-blind, placebo-controlled study to evaluate the effects of Ashwagandha (Withania somnifera) extract on nonrestorative sleep

Efficacy and Tolerability of Ashwagandha Root Extract in the Elderly for Improvement of General Well-being and Sleep: A Prospective, Randomized, Double-blind, Placebo-controlled Study

肝臓保護

Protective effect of Withania somnifera roots extract on hematoserological profiles against lead nitrate-induced toxicity in mice
Veena Sharma 1, Sadhana Sharma, Pracheta

Protective effect of Withania somnifera against radiation-induced hepatotoxicity in rats

神経保護

Attenuation of oxidative damage-associated cognitive decline by Withania somnifera in rat model of streptozotocin-induced cognitive impairment

Neurodegenerative diseases and Withania somnifera (L.): An update

Withaferin-A Protects the Nigral Dopamine Neuron and Recovers Motor Activity in Aged Rats

Withania somnifera in Neurological Disorders: Ethnopharmacological Evidence, Mechanism of Action and its Progress in Delivery Systems

免疫力向上

Chemotypical variations in Withania somnifera lead to differentially modulated immune response in BALB/c mice

抗酸化作用

Methanolic extracts of Withania somnifera leaves, fruits and roots possess antioxidant properties and antibacterial activities

甲状腺機能の改善

Efficacy and Safety of Ashwagandha Root Extract in Subclinical Hypothyroid Patients: A Double-Blind, Randomized Placebo-Controlled Trial

その他身体機能の向上

Effects of eight-week supplementation of Ashwagandha on cardiorespiratory endurance in elite Indian cyclists

Effects of Ashwagandha (Withania somnifera) on Physical Performance: Systematic Review and Bayesian Meta-Analysis

Effects of Ashwagandha (Withania somnifera) on VO2max: A Systematic Review and Meta-Analysis

糖尿病

Protective effect of Withania somnifera against oxidative stress and pancreatic beta-cell damage in type 2 diabetic rats

Coagulanolide modulates hepatic glucose metabolism in C57BL/KsJ-db/db mice

抗がん作用

Effect of Withania somnifera (Ashwagandha) on the development of chemotherapy-induced fatigue and quality of life in breast cancer patients

Withaferin A inhibits JAK/STAT3 signaling and induces apoptosis of human renal carcinoma Caki cells

Withaferin A Inhibits the Proteasome Activity in Mesothelioma In Vitro and In Vivo

Anti-angiogenic, apoptotic and matrix metalloproteinase inhibitory activity of Withania somnifera (ashwagandha) on lung adenocarcinoma cells

Withaferin A and Ovarian Cancer Antagonistically Regulate Skeletal Muscle Mass

その他の肉体的な不調

Withaferin A inhibits pro-inflammatory cytokine-induced damage to islets in culture and following transplantation

Blocking protein kinase C signaling pathway: mechanistic insights into the anti-leishmanial activity of prospective herbal drugs from Withania somnifera

Effects of Withania somnifera on the growth and virulence properties of Streptococcus mutans and Streptococcus sobrinus at sub-MIC levels

Exploratory study to evaluate tolerability, safety, and activity of Ashwagandha (Withania somnifera) in healthy volunteers

An Adaptogen: Withaferin A Ameliorates in Vitro and in Vivo Pulmonary Fibrosis by Modulating the Interplay of Fibrotic, Matricelluar Proteins, and Cytokines

Withaferin A Improves Nonalcoholic Steatohepatitis in Mice

ストレス改善

A prospective, randomized double-blind, placebo-controlled study of safety and efficacy of a high-concentration full-spectrum extract of ashwagandha root in reducing stress and anxiety in adults

Immune enhancing effects of WB365, a novel combination of Ashwagandha (Withania somnifera) and Maitake (Grifola frondosa) extracts

Efficacy of Withania somnifera supplementation on adult’s cognition and mood

Adaptogenic and Anxiolytic Effects of Ashwagandha Root Extract in Healthy Adults: A Double-blind, Randomized, Placebo-controlled Clinical Study

うつ病

A study on evalution of antidepressant effect of imipramine adjunct with Aswagandha and Bramhi

その他の精神的な不調

Influence of Withania somnifera on obsessive compulsive disorder in mice

Adjunctive Use of a Standardized Extract of Withania somnifera (Ashwagandha) to Treat Symptom Exacerbation in Schizophrenia: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study

アシュワガンダ効果の研究事例まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
タップできる目次